« ワクチン防腐剤チメロサール・その3 | トップページ

2013年8月23日 (金)

ワクチン防腐剤チメロサール その4 ダン・バートン氏

1998年頃、米国下院議員ダン・バートン氏は、

お孫さんの自閉症症状が出現するのを目の当たりにしました。

法的に決められている9回の予防接種を繰り返した後に、

言葉が出なくなったと考えたのです。

その原因を探るために、彼は下院議会の中に

調査委員会を設立させました。

Photo

その調査は23年程度かかり、問題となったのは

ワクチン中の水銀防腐剤チメロサールでした。

チメロサールは体内に入るとエチル水銀に変化して

殺菌作用を及ぼします。

そのチメロサールが子供たちの脳神経にダメージを

与える可能性がある(灰色の疑い)ので、

2002年頃にチメロサールの使用禁止を通達しました。

 

チメロサールは1940年頃に合成されて、

ワクチンの防腐剤として利用開始されました。

そして、1943年に米国の小児科医カナーが自閉症児の症例報告をし、

さらに1944年にオーストリアの精神科医アスペルガーが

症例報告(後にアスペルガー症候群と呼ばれる)を行っています。

2002年にチメロサールの使用中止の通達がなされましたが、

その過程でチメロサールの無害性を報告する論文も

複数発表されました。

Mercury concentrations and metabolism in infants

receiving vaccines containing thiomersal:

a descriptive study.

Lancet. 2002 Nov 30;360(9347):1737-41.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12480426

この論文はチメロサールの安全性を確認するために、

乳幼児にチメロサール含有のワクチンを接種し、

数か月間の血液、尿、便中の水銀濃度変化を測定しています。

結果として、ワクチン接種後、血液中の水銀は速やかに

尿、便に排泄されていて、安全であったと結論付けられています。

 

しかし、重要な脳内への水銀の移行については

測定されていませんでした。脳内への移行がない

という事を確認して初めて安全と言えるわけですが、

実はそのことが証明されていなかったのです。

 

それ以降、安全であるという報告は疫学研究などが

中心で、これらの報告の中にも脳内への水銀の移行を

確認したものはありません。当然、子供の脳内の

水銀濃度など計れるわけはないので、

安全であることを証明するのは不可能なのです。

 

そして、米国の市民団体は、

上記の論文の報告者たちが、ワクチン製造の製薬会社から

資金援助を受けていたことを明らかにしました。

ワクチン製造を行った立場で、自らの確かさを

証明する報告をしたということです。

まったく利害関係のない第三者研究機関による報告

ではないために、そのデータの信頼性は低くなります。

 

MMRワクチンと腸炎問題を提示した

ウェークフィールド医師は、同じLancetに論文報告し、

患者家族より研究協力を受けていたことなどを指摘され、

論文抹消となりましたが、

上記の研究者たちは、製薬会社から研究費協力をされ、

さらに不十分な内容を同じLancet に報告しても、

特に問題指摘されることはありませんでした。

 

一方、チメロサールの有害性について報告している

基礎研究論文もあり、その中には日本からの報告もあります。

ただ、情報の非対称性の壁に阻まれ、

一般の人々の目に触れるまでにはなっていません。

 

次の機会に、その基礎研究に関する

論文の内容を簡単に説明したいと思います。

« ワクチン防腐剤チメロサール・その3 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワクチン防腐剤チメロサール その4 ダン・バートン氏:

« ワクチン防腐剤チメロサール・その3 | トップページ

無料ブログはココログ